• HOME
  • 生田神社のご紹介
  • 由緒

御祭神について

稚日女尊 わかひろめのみこと

当社にお祀りする稚日女尊は、我国における最高神太陽神と崇められ伊勢神宮内宮にお祀りされる天照大神(あまてらすおおみかみ)の和魂(にぎみたま)あるいは妹神と伝えられ、稚くみずみずしい日の女神様であり、物を生み育て万物の成長を御加護する神様です。

生田神社の由来と歴史

生田神社の御創建は神功皇后(じんぐうこうごう)元年(西暦201年)と日本書紀に記されており、「『日本書紀』神功皇后条巻第9(神功皇后摂政元年2月)」に下記のように記されています。

「吾は活田長峡国(いくたながをのくに)に居らむとす」とのたまふ。
因りて海上五十狭茅(うなかみのいさち)を以て祭(いわ)はしむ。

生田神社神幸祭絵巻(約320年前の作)
生田神社神幸祭絵巻(約320年前の作)

神功皇后が海外外征の帰途、今の神戸港にてお船が進まなくなったために神占を行ったところ、稚日女尊が現れられ、「私は活田長狭国に居りたい」と申されたので、海上五十狭茅という者を神主として祀られたと伝えられます。

同じくこの時に、天照大神の荒魂(あらみたま)が西宮市の広田神社に、事代主神(ことしろぬしのかみ)が神戸市長田区の長田神社にお祀りされたと伝えられています。

生田神社と神戸、酒造り

神社、寺院の封戸※1について列記した平安時代の法制書である『新抄格勅符抄』(しんしょうきゃくちょくふしょう)という書物に、大同元年(西暦806年)に、神社に奉仕する封戸(ふこ)である神戸(かんべ)※244戸が朝廷より与えられたと記されており、それが「かんべ」→「こんべ」→「こうべ」と変わり、現在の神戸(こうべ)という地名の語源になったといわれています。
また延喜式※3には、各地より集まった稲を使い、生田神社の境内で神職が酒造りをして、国賓として朝鮮半島からの要人を迎えた際に振る舞ったとあり、灘の酒造りの起源とも伝えられています。

※1
貴族・社寺に俸禄として支給した戸
※2
神社にお供えするお米等お酒等を作る庄園
※3
平安時代の国家の法制書。延喜時代に編纂されたことから『延喜式』と称されました。

由緒
境内案内
史跡巡り
四季のお花
生田神社崇敬会
  • 良縁を願う方へ 恋愛成就祈願
  • 婚礼の儀式・ご宴会・会議 生田神社会館
生田の今を伝えます
生田神社だより
更新
  • 都会のオアシス 生田の森・生田の池
  • 生田の宮の物語 こちらからご覧ください
ページの先頭へ